アルコール依存症のダンナを支えなきゃいけないの?

~ アルコール依存症のダンナとACの私。一喜一憂、はけ口と心の記録を綴ります。 

近況報告3.夫、保護入院となる。

単身赴任していた夫はある土日、疲れたので帰らないといい、わたしもわかったといった。 翌月曜日に「辞めたい」というLINEがきて、いいよ。と返した。 そして翌日、上司に退職したい旨だけ伝えて家に帰ってきた。 話をきくと、土日は急激に落ち込んで、自殺…

近況報告2.ワンコは天国に。夫は地獄に。

ワンコの火葬のひどりも決まり、赴任先の夫は上司に帰っていいよと言ってもらえたらしく、帰ってきた。死んでいる姿は普通に寝ているようにしか見えなかった。剥製にしておきたい人の気持ちがわかる。でも、冒涜なのかな。死んだワンコに話しかけ、ひたいに…

近況報告1.ワンコが虹の橋に。

どうもお久しぶりです。前回書いたときからえっとー、半年はたってるんですね。ほんといろいろありました。ほんとに・・・。 まず、ダンナは転勤することになり、でもうちにはシニアわんこがいたため、単身赴任をお願いしました。赴任先は埼玉の奥のほうだっ…

ダンナ、本気で断酒する気になったのか?

ダンナは毎晩ごはんを食べたあと、私がノックビンをテーブルに出してそしてそれを飲んでいる。 私が飲み会で遅くなった日も、どうやら 飲んでいた。 会社にはうつ病と宣言したので、精神科系の薬を飲んでるからお酒は飲めませんと宣言したようだ。 断酒して…

夫、内勤になる。

ずっと営業マンとして生きてきた夫、内勤として復職することになった。 「腫れ物のようにあつかわれる。。。」 ともともと人目を気にするダンナがそれでも選んだのだ。尊重しないと。 頑張ってそうな雰囲気には少し感動すら覚える。 頑張ってそうなといった…

夫、復帰する?

休職して一ヶ月。 明日は会社の人と面談らしい。 復帰の意欲とかみせてきた。マジかよ。 わたしとしてはもっと休んでしまいにゃ辞めて欲しい。 愛犬になんかしこりがあっていつ体調崩すかわからん。 仕事よりも愛犬だろ!!!ううぅ。 (愛犬のくだりはマジで…

断酒はうれしい。でもわたしの身体が・・・

知らないうちにすんごい太ってた 結婚してから10キロくらい。 もう人生の体重マックスを更新中。 なんで太るかなあ~と菓子パン食べながら言っている。もぐもぐ。 こわい。。 便秘だから太ってるのかと思ってた。 下剤のんでだしても太ってた。 しかも下剤…

夫への思い出メール

昔使ってたメールアカウントほってたら送信済みから懐かしいのみつけた。 このブログにも書いてたかもしれんがあらためて忘れないようにログログ。 -----------------夫へのメール------------------------- いま、日曜の22時。 やっと ○○○はソファ寝た。…

なんだかんだありまして再断酒。

夫、あれから日々ストレス抱え、ウィスキー毎日かっくらい、そしてついに無断欠勤し、自律神経失調症の診断書を片手に休職の運びとなりました。 これからは私が大黒柱になるわけですから、 「わたしはあなたが断酒薬を飲むことにお給金を払いたい」 といい、…

神様どうかこの人を殺してあげてください。

最近の私は仕事が忙しい上に夫の酒害が右肩あがりで非常に精神状態がよろしくない。 今日も、残業して帰ってきたら夫はすでに帰ってきて泥酔してた。 おおぅ、アル症障害まっしぐら。風邪で早退したとのこと。 そろそろ上司くらいには異常が気づかれているか…

すこし穏やかになったよ。わたしが。

精神科系の薬を処方されてからわたしはとても穏やかになった。あんなに毎日夫を呪っていたのに、いまは帰ってこなきゃいいのにと悪態をつく程度になった。私が穏やかになるにつれ、夫の様子も穏やかになり、そして毎日愚痴を言うようになった。それを励まし…

わたしのカルテができた

夫と一緒にいっているクリニックで私のカルテも作成された。 今日、初めての私の受診。 ケースワーカーと育ちのことについて話す。 これまで自助会で話してきたからいろいろ整理した状態で話せた。 もし自助会につながってなかったら、こんなに話せなかった…

共依存という依存症の病。

土日が終わりくたくたの月曜日。 こんな月曜日をあと何回くりかえすのだろう。 つらい日々を吐き出すためにツイッターにつぶやいてたりするけれど、それに対してアドバイスくれる方がいる。 そのひとつの別居したほうがいいというアドバイス。。。 もうわか…

希望はすぐに打ち砕かれる。

今日もクリニックの日。飲酒しつつ精神系の薬を飲んでいる夫に、先生が抗酒剤をすすめる。私たちの話がながくなり、一旦待合室に退却する。そのとき夫は怒りをあらわにし、嗜むことくらい許してくれよ。これ以上俺を責めるなよ。と言う。まずあなたも治療し…

CRAFT 依存症者家族のための対応ハンドブックを購入した。

CRAFT 依存症者家族のための対応ハンドブック 作者: ロバート・メイヤーズ,ブレンダ・ウォルフ,松本俊彦,吉田精次,渋谷繭子 出版社/メーカー: 金剛出版 発売日: 2013/08/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 以前から耳にちらほ…

家族の死を願う。

夫が寝室にとじこもったっきりずっと出てこないんで、オーバードーズで死んでないかしらと期待して部屋を開けたが死んでいなかった。チッ。 ※アルコール依存症者が暴言とか吐くレベルになってくると家族はこうゆう状態になります。(ウソです。) ダンナさんの…

なにかいつも起こる土曜日

今日はクリニックの日で2人で通院。ダンナが仕事がつらい旨を話し、そして先生にお酒の方はどうですか?と聞かれたら、付き合いのとに少し。。。と言った。ウソだ。。。またこの状態にもどったのか。。とげんなりした。本当は毎日飲んでるし、土曜日は朝か…

またもや家を出ていく。

朝、車に用事があると行って出ていき、帰ってきたらやはりお酒を飲んでる様子だった。責めてはいけないと思いつつ、わたしは「車運転できる?」と聞き、できないと答えた彼にあからさまにがっかりした態度を見せた。私が運転すればいと言う提案を拒否したら…

終わりがわからない

土日がつらくなってきた。なぜならば日中からの泥酔をみて辛くなるから。どんどんどんどん進行してってる。ダンナの酒量も、そして脳破壊も。つらいよ、ほんと、今日、久しぶりにごはんのときに切れた。わたしのイライラ態度のせいだけど。出ていこうとした…

静寂な家庭。

毎晩コンビニによって飲んてから帰宅するダンナ。夜ごはんを食べてるとき、こぼさないようにものすごーく気を張っているのがわかる。わたしが過去に責め続けたからだと思う。酔っ払いはこぼすから嫌だと。人格否定なみに責め続けたと思う。彼はたぶんそれを…

アルコール性認知症

アルコール依存症である夫の病状で許せないもののひとつが認知障害だ。水槽が2つあって、片方だけはコリドラス一匹だけ入れてるんだ、と夫が私に言った。そして一週間後に「なんでこっちはコリドラス一匹だけなの?」と私に聞いてくる。また、夜ごはんを一…

すっかり元に戻ってしまった。。。

今日はアルコールクリニックの日で2人で行った。ダンナは仕事が辛くて辞めたい旨を話す。いま、抗うつ薬を処方されてるが、抗不安剤も欲しいと言っていた。私は飲酒習慣が戻ってきているので仕事辞めた方がいいのであれば辞めてもいいと思うと言った。先生…

強くなることを諦める

大人になればなるほど心は弱くなる。 経験値は心を強くするのかと思っていた。 ちがったなあ。 経験すればするほど間違えないように守りだす。 守られて守ろうってがんばるから 最弱なってく。 器用に生きようと思えば思うほど不器用になっていくよ。

わからないから不安になり不安から憎しみになる

ひとり家にいると、ダンナがまた飲んで帰ってくるのかなとか思ったりして暗い気持ちになる。 今日こそ責めない態度でいなければ。できるだろうか。。。そんな繰り返しだ。 Miitomoをお互いやっていて、ダンナにたいしての質問で、「わたしのイメージはどう思…

アルコール依存症の病気の真骨頂は家族の闇ループ

アルコール依存症にまきこまれていると精神が錯乱する。 知識を入れ、自助会にいっても、ずっとそれを保ち続けられるわけではない。 調子の悪いときもある。うまくできないときもある。 西原理恵子月乃光司のおサケについてのまじめな話 アルコール依存症と…

アルコール依存症に苦しんでる家族は狂う

アルコールに飲まれている人間には常識とかルールとか関係なくなる。 なぜそうするのか?と問い詰めると怒り出す。 そのやりとりが朝から晩まで続きまくるんだ。そりゃ憎みもする。通じないんだ。言葉が。そんな人間と私はなぜ人生をともにしているのか。 疑…

ACでよかったこと

これまでの経験上、依存症者に対して効果があるのは「批判しない」と「否定しない」だと思う。渦中にいるとき、正気じゃない家族にとってこれはとても苦しいものだ。家族に対してどこまで望むんだ?!!!と怒りでいっぱいになる。でも私はこうゆうときばか…

飲酒を責めたら出て行った

昨日、私は具合が悪くて少し眠り、そして起きたら夫はお酒を飲んだうつろな目をしていた。 日曜日まで飲酒するようになるなんて。 毎日、飲酒するように戻ってきている。 夫はとりあえず寝ますと寝室に行った。 数時間後、起きてきた彼に私はつめよった。 「…

飲酒習慣が戻ってきた

飲み会のときだけその場をやり過ごすためにお酒を口にする。と言ったダンナ。飲み会でない日も、土日も飲むように戻ってきました。そんな自制できる病気じゃない。まさにそのとおり。あれだけ強く説得してきた姿を見せてやりたい。断酒薬を飲んで欲しいと訴…

フラッシュバック

自転車に乗って向かい風の中漕ぐ。 こうゆうしんどさは過去の自分と対面することが多い。 わたしはACでもある。父親がアルコール依存症だった。 朝のホームルームが終わったあと、わたしは先生に呼び出された。 わたしの授業料が振り込まれていないという…